ラリーストGoriの「男は黙って後輪駆動」

<   2013年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

レッキの練習

鉄平ちゃん、お疲れ。
今週末のラリーは、ペースノートを作って走らねばなりません。
ま、ガッツで有視界走行でもいいけれど、折角なのでラリーらしくペースノートで走ってみましょう。
今回のラリーでは、「レッキ」といってSSを下見があります。
レッキは通常2回行い、1回めの走行はゆっくり走って、コースの状態をドライバーが読み上げて、それをコ・ドライバーが書き取ります。
2回めの走行はコ・ドライバーが書き取ったノート読み上げて、ドライバーはそれを聞きながら修正やリクエストを行います。
これで、ペースノートが完成!
言えば簡単なことだけれど、実際はかなり大変。
ペースノートの精度が走りの良し悪しに大きく影響するので、本番よりも集中力を要します。
そこでスムーズにノートを作るためにレッキの練習(イメトレ)をしといてください。
方法としては、通勤など運転するときに、目の前に見えるコーナーなどを口に出して読み上げていきます。
読み上げる内容は、「ストレートの長さ」、「コーナーの曲がり具合」、「どっちにコーナーが曲がっているか」、「全開で走る際に気をつけないといけないこと」です。
ストレートの長さは、10m単位でザックリと判断。
コーナーの曲がり具合は、数字で1~6で判定し1が一番きつい、6が一番ゆるい。
コーナーは右か左か
ギャップや橋、クレスト、回りこんでいるか否か、滑りやすいなど。
あと、日本語読みが良いか英語読みが良いか考えといてね。
例えば
スタート→ロング5レフト 40 3ライト&2レフト 50 クレスト 20 2レフトイントゥ3ライトタイトゥン ってな感じで。(日本語読みなら、ロング左5 40 右3&左2 50 クレスト 20 左2即 右3キツイ)

使用する基本的な語句は以下のとおりデス
表記 ・ 読み ・ 意味
R   ライト   右
L   レフト   左
lg  ロング   長いコーナー
vlg ベリーロング とても長いコーナー
sh  ショート  短いコーナー
+  アンド    コーナーとコーナーがつながっている。(ゆり返す程度)
→  イントゥ   コーナーとコーナーがつながっている。(ゆり返せないほど近い) 
<  オープン  コーナーが進むほど緩くなる
>  タイトゥン  コーナーが進むほど狭くなる
CT  カット   イン側ショートカットせよ
DCT どんとカット カットするな

練習あるのみ。よ
[PR]
by rallying-gori | 2013-09-10 22:42 | rally



ラリーなどモータースポーツや日常の出来事をつづります
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ラリードライバーやってます。
速さはもちろん、ギャラリーウケする走りを信条としてます。
特技は、カメラ目線走行(笑)

航空祭巡り、鉄馬でツーリング、読書、音楽鑑賞にもはまってます。

ちなみに「お世話になってるクラブはココ
ラリークラブ広島 (RCH)
その他のジャンル
記事ランキング
ブログジャンル
以前の記事
画像一覧